豆乳ダイエット

ツヤ肌+体重減!?豆乳で美しく痩せる

ゆでた大豆をつぶして搾った汁のこと。この豆乳に「にがり」を混ぜると固まって豆腐になります。高タンパク質でノーコレステロールの健康食材として有名です。

豆乳の種類は3種類

市販されている豆乳は大きく3種類にわかれます。

無調整豆乳
大豆を搾ったままの濃度の高い豆乳(大豆固形成分8%以上)
調整豆乳
糖類などを加えて飲みやすくしたもので、濃度はやや低め(大豆固形成分6~8%)
豆乳飲料
果実などを加えたもので、濃度は無調整の半分ほど(大豆固形成分4~6%)

どうして豆乳で痩せるの?

大豆ペプチドが基礎代謝をアップ!

大豆ペプチドは豆乳に含まれる大豆たんぱく質が体内で分解され変化したもの。この大豆ペプチドは腸で吸収される際、腸管の神経を刺激します。その結果、交感神経が優位になり、血流量が増えて基礎代謝が高まるのです。

大豆サポニンが余分な脂肪や糖質の吸収を抑制

太っている人は、小腸のジュウ毛という部分が大きくなり、余分な脂肪や糖分を吸収しやすくなっています。豆乳に含まれている大豆サポニンは、肥大化したジュウ毛を正常に戻し、余分な脂肪や糖質の吸収スピードを遅らせてくれるのです。また、すい臓から分泌される「脂肪消化酵素」に働きかけ、腸内での脂肪吸収を抑制する効果もあります。

豆腐じゃだめ?

豆腐と豆乳のたんぱく質の量を比べてみると、豆腐のほうが断然大きく、吸収されにくいことがわかります。それは、豆腐の場合、にがりによってたんぱく質同士が結合し、大きくなっているからです。吸収率を考えると、豆腐より豆乳のほうが断然効果的です。