味噌汁ダイエット

ハリウッドでも注目の味噌汁ダイエット。朝晩のW味噌汁でみるみる痩せる?

味噌汁を飲むと何故痩せられるのか?

ポイント1 大豆のトリプルパワー

大豆ペプチドが基礎代謝をアップ

大豆ペプチドは、小腸で吸収される際に腸管を刺激。すると、交感神経が優位になり、血流量がアップするために基礎代謝がアップします。

大豆サポニンが余分な栄養の吸収を抑制

大豆サポニンには、栄養の吸収口、小腸にある絨毛が肥大するのを正常化。余分な栄養の吸収スピードを遅らせます。また、脂肪を分解する酵素の働きを阻害して、吸収を妨げるという効果もあります。

アミノ酸が脂肪を燃焼

さらに大豆には、燃焼系のアミノ酸「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」が豊富。脂肪の燃焼効果もアップします。

ポイント2 味噌の醗酵パワー

元々、大豆の中に大豆ペプチドは含まれていません。消化の段階で、大豆タンパクは吸収率の高い大豆ペプチドへと分解されるのです。一方、味噌の場合、醗酵の過程で大豆タンパクを麹菌が大豆ペプチドに分解。つまり、あらかじめ味噌には大豆ペプチドがたっぷり含まれているために、他の大豆食品を摂るよりも効率がいいのです。さらに、醗酵の工程で燃焼系アミノ酸の量もアップするというオマケつき。