HEAT TENNIS CLUBとは?

テニス(tennis)はネット越しにボールをラケットで打ち合う球技。

テニス
テニス(tennis)はネット越しにボールをラケットで打ち合う球技。リアルテニス、ロイヤルテニスやコートテニス、ローンテニス、ソフトテニス(軟式テニス)等があるが、現在では単にテニスと呼ぶ場合、ローンテニスを指す。但し日本では事情が異なり、硬式テニスと呼ばれたり表記されることが多々ある。これはソフトテニス(軟式テニス)と区別するためである。日本においては単にテニスという場合、ソフトテニスを指しているのか硬式テニスを指しているのか曖昧なことが多々ある。庭球(ていきゅう)とも表記する。
ラケット
棒状のグリップの先が輪になっており、そこにストリングが張られている。長さ69センチ前後、重さは240~380グラム程度。材質はガラス繊維強化プラスチック、炭素繊維強化プラスチック、チタンなどを用いた複合材料や、アルミ、スチール、木などの単一素材のものがある。
ボール
黄色、表面はメルトンと呼ばれるフェルトで覆われている。直径6.35?6.67センチメートル、重さ56.7?58.5グラム。保管している缶に1.8気圧が保たれるようになっておりプレッシャー・ボールと呼ばれる。昔は白いメルトンだった。大気圧のノンプレッシャー・ボールという練習球もあるが公式戦では使用できない。
コート
サーフェスはグラス(芝)、クレー(土)、アンツーカー、ハード(コンクリート、ゴム)、グラスサンド(砂入り人工芝、オムニ)など。縦23.77メートル、横10.97メートルで、中央に高さ107センチメートルのネットが張られている。英国ではグラス(芝生)、北米ではデコ・ターフと呼ばれる製品が普及しておりオセアニアではリバウンド・エースという製品が普及している。