懐華樓(かいかろう)とは?

懐華樓(かいかろう)は金沢市 東山 ひがし茶屋街(東茶屋街)のお茶屋です。

懐華樓(かいかろう)
石川県金沢市のひがし茶屋街にあるお茶屋さんです。茶屋は昔の旦那衆(お金持ち)が、芸子さんを呼んで数人で飲食をしたり、会合をした場所だそうです。金沢には今でも何件か、こうした営業をしているところが残っています。ひがし茶屋街は昔の町並みがあふれる、とても風情があって良いところです。金沢に行ったら、兼六園とひがし茶屋街ははずせません。懐華楼は、見学することができ、一階でお茶や茶菓子を食べることもできます。
住所
石川県金沢市東山1-14-8
電話
076-253-0591
営業時間
9: 00~18: 00
アクセス
バス 橋場町(はしばちょう)バス停から徒歩約7?10分
HP
http: //www.kenrokuen.jp/kaikaro/
日本茶とは
日本茶(にほんちゃ)とは、日常の会話で用いられる用語で、「日本のお茶」、つまり、「日本で作られたお茶」あるいは「日本でよく飲まれる種類のお茶」と言った意味合いの言葉である。茶の学術的な分類として定義された言葉ではない。多くは、蒸すことで加熱処理をして酸化・発酵を止めたのち、揉んで(揉まないものもある)、乾燥させる製法をとる。茶葉は摘んでまもなく加熱処理されるのですぐに発酵が止まる。このため、日本茶は普通緑茶のことである。蒸す代わりに釜で炒る加熱処理を用いる場合もある。この製法をとる日本茶を釜炒り茶という。釜炒り茶としては九州の嬉野茶などが有名である。蒸す製法は日本独特のものであり、炒る製法は中国茶に近い。「煎茶」という言葉はしばしば狭義と広義の二つの意味で使われる。狭義の「煎茶」とは、玉露(高級品)、番茶(低級品)の中間に位置づけられる、中級品の緑茶という意味(詳細は玉露、煎茶、番茶を参照)。広義の「煎茶」とは、中世までに確立した茶道における抹茶(挽茶)に対して、近世以降中国大陸から伝わった茶葉を挽かずに用いるお茶一般に与えられる総称である。緑茶は学術的には不発酵茶とほぼ同義であるが、日本で一般に緑茶といった場合、単に日本で最も多く作られている緑茶、すなわち煎茶(広義)を意味する。つまり煎茶(狭義)のほかに、玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶など全般を指す。さらに広義には、抹茶を含める場合もある。一部では中国茶の黒茶に近い発酵茶が製造されていて、漬物茶と呼ぶ。徳島県の阿波番茶、高知県の碁石茶、愛媛県の石鎚黒茶など四国に多い。四国以外には富山のばたばた茶がある。