PureWhiteとは?

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。

ピュアホワイト
ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。施術方法は歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。以前はホワイトニングのことを色素を抜くことからブリーチングと呼んでいましたがブリーチというと強力な薬品を使ってかみの毛や衣類を漂白することを連想させるので、現在ではアメリカでもブリーチングよりホワイトニングという言葉が好まれるようになりました。この技術の出現によりそれまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、自分の歯を残して白くすることができるようになったのです。 ただしこの効果は個人個人によってかなりの差があります。元々歯の色が濃い人、子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人はホワイトニングの効果は低くなりますし、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。また、ホワイトニングにはメンテナンスが不可欠です。1回白くすれば終わりというものではありません。定期的なお手入れをしていかないと徐々に歯の再着色が起こるのです。通常、半年位から色が付き始め、何もお手入れをしないと約2年で元の歯の色に近くなってしまいます。日本では歯に関しては治療が終了するとそれで終わり。また痛くなったら健康保険で治せばいい、と思っている人が多いのではないでしょうか。実は歯に限らず体の病気は定期的なチェックとメンテナンスが必要なのです。ホワイトニングに興味はあるんだけどちょっと抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。「歯をいじるのが怖い」と思っていませんか? ホワイトニングは美容整形ではありません。歯を削って被せることは歯の美容整形といえるかもしれませんが、ホワイトニングは歯のケアのひとつでお肌の美白と一緒です。