福井地酒 | 森酒舗とは?

『森 酒舗』では、黒龍酒造の「黒龍」・南部酒造場の「花垣」・栃倉酒造の「米百俵」・鳥屋酒造の「池月」といった、福井の地酒を取り揃えております。

所在地
福井県福井市文京4-11-19
電話番号
0776-23-5307
ご紹介
『森 酒舗』では、黒龍酒造の「黒龍」・南部酒造場の「花垣」・栃倉酒造の「米百俵」・鳥屋酒造の「池月」といった、福井の地酒を取り揃えております。
日本酒
日本酒(にほんしゅ)は、米を発酵させて作る醸造酒で、日本の伝統的な酒の一つである。日本の酒税法上では清酒(せいしゅ)、日本では、一般には単に酒(さけ)またはお酒(おさけ)、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、現代では俗にポン酒(ぽんしゅ)と呼ばれることもある。なお、国名を冠するが「中国酒」などと異なり日本を発祥とする酒の総体ではなく、酒の一種である。約5℃から約60℃まで幅広い飲用温度帯がある(参照:#温度の表現(飲用温度))。同じアルコール飲料を同じ土地で異なった温度で味わうのを常としているのは、日本酒だけである。料理で魚介類の臭み消しや香り付けなどの調味料としても使用される。近年、発祥国日本での消費は減退傾向にある一方、アメリカ合衆国・フランスの市場では日本酒、とくに吟醸酒の消費が拡大しており、「sake」(さけ)として知られている。日本酒の主な原料は、米と水と麹(米麹)であるが、それ以外にも酵母、乳酸菌など多くのものに支えられて日本酒が醸造されるので、広義にはそれらすべてを「日本酒の原料」と呼ぶこともある。専門的には、香味の調整に使われる「醸造アルコール」「酸味料」「調味料」「アミノ酸」「糖類」などは副原料と呼んで区別する。
日本酒の特徴
日本酒は"燗してよし、冷やしてよし"という世界でも珍しいお酒です。飲用温度も他の酒類と比較すると幅があり、5℃?55℃位までと、広範囲にわたっています。 また、冬から春、夏から秋へと日本の四季の移ろいとともに生まれ、育つ酒で、日本独特の気候風土が生み出した酒です。豊かな自然の恵みと日本人の知恵の結晶が日本酒であるといえるでしょう。
HP
http: //www.morisyuho.jp/