大野市観光協会とは?

大野市(おおのし)は、福井県の東部に位置する市。同県の市町村では最大の広さを持ち県面積のおよそ5分の1を占め、かつての城下町の面影を強く残す越前の小京都として知られる。

所在地
福井県大野市元町10番23号
電話番号
0779-65-5521
大野市観光協会 会長 中村利章
会員の皆様には、観光での街おこしのご支援・ご協力に、心より感謝と御礼を申し上げます。私達の街には「越前おおの元気プラン」?元気なまち大野?として、観光に係わる私共には、「越前おおの観光戦略プラン」が策定され、五ヶ年間の年次計画、役割分担、数値目標の取組計画が示されました。「もてなしの心」を前面に、観光での街おこしが大きくスタートされました。責任を重く感じております。会員の皆様方の力強いご協力をお願い申し上げる次第でございます。 幸いにも、福井豪雨の被災から三年、越美北線がよみがえりました。六月三十日には全線で運転再開・・・JR越前大野駅ホームでの出発式。胸が熱くなり、感無量のひととき・・・JR西日本さま、福井県に心から御礼と感謝を申し上げます。「レールが寸断され、鉄道のありがたさを教えてくれた三年間」を、これからの教訓として、越前大野の街中観光、九頭竜の自然、鉄道を利用されての観光のお客様に、お越し頂けるイベントの知恵をしぼりたいと、思いを強く致しております。越前大野駅構内には、この喜びを形にと、奥越前大野の風情、"芋車"を設置させて頂きました。寺の梵鐘、駅清水と共に、利用のお客様をお迎え出来ればと存じます。八月五日には、JR金沢駅コンコースにて、大野の盆踊り"しっちょいな"、万灯会のご披露、大野の名水、里いのも煮っころがし、けんけらのふるまい等にて、感謝の出向宣伝をさせて頂きます。越美北線と共に、"越前おおの"の観光、行政と市民と一緒になっての観光での街おこし、知恵を出し合い、邁進致したく存じます。ご支援、ご協力お願い申し上げます。
大野市
大野市(おおのし)は、福井県の東部に位置する市。同県の市町村では最大の広さを持ち県面積のおよそ5分の1を占め、かつての城下町の面影を強く残す越前の小京都として知られる。春分の日から積雪までの間に七間通で開かれ400年の歴史を持つ七間朝市は、大野の観光名物である。冬季は市全域が特別豪雪地帯に指定されているほどの降水量があり、九頭竜ダムなど大規模な人工湖も点在するが、その膨大な水量とは裏腹に名水と謳われる市街周辺の湧水や河川伏流水は道路などの消雪のためにも汲み上げられ、水不足が懸念されるといった皮肉な状況となるため、河川表流水を含めた総合的な水利用のあり方を模索している。東部から南部にかけ両白山地が控える。最高地点は福井県の最高地点でもあり岐阜・石川3県境付近の尾根は2000mを超える。真名川の下流に沿って開ける北西部の大野盆地は海抜200m前後。東部の九頭竜川を含め、秋には深い渓谷が紅葉で色づく。
HP
http: //www.ono-kankou.jp/