能登半島 | 料理民宿 | 大森とは?

能登半島の入口、羽咋市有数の海水浴場の中にある料理が魅力の宿。

能登半島 | 料理民宿 | 大森
能登半島の入口、羽咋市有数の海水浴場の中にある料理が魅力の宿。海水浴はもちろん、夏の天然岩牡蠣、冬のずわいガニと日本海の海の幸を堪能できる味自慢の宿。宿の目の前は広大な柴垣海岸。晴れた日には能登半島西海岸が一望でき、また海に沈む夕日も楽しめる。
住所
石川県羽咋市柴垣町92-22
アクセス
北陸自動車道森本インター能登有料道路白尾インターより柳田インター下車輪島方向へ10分
HP
http: //www1.cnh.ne.jp/m-ohmori/
能登半島とは
能登半島(のとはんとう)とは、北陸地方の中央付近から日本海へ北に向けて突き出した半島である。ほぼ全域が石川県に属し、途中から東に折れて富山湾を形成する。半島内部は、標高200mから500m程度の丘陵地帯が続く為に平地は少なく、輪島市などでは、千枚田が見られ、中でも白米の千枚田は有名。海岸線を主体に広い範囲が能登半島国定公園に指定されている。古代からナマコの特産地である。「能登はやさしや土までも」との言葉もあるように、人はもとより土までも優しい(柔らかい意)と言われている。