能登手仕事屋とは?

能登の語り部とも呼ばれる星野さんが、総持寺御用達の豆腐店とともに営む蕎麦処。

所在地
石川県輪島市門前町字門前新建22
電話番号
0768-42-1998
能登 手仕事屋(テシゴトヤ)
能登の語り部とも呼ばれる星野さんが、総持寺御用達の豆腐店とともに営む蕎麦処。主の語り、繊細な蕎麦、手間をかけた豆腐。すべてが調和して、価値あるひとときを生み出している。
蕎麦
蕎麦(そば)は、穀物のソバの実を原料として加工した、日本の麺類の一種、および、それを用いた料理。蕎麦切り(そばきり)、日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれている。歴史は古く、うどんや寿司、天麩羅と並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「蕎麦つゆ」や「蕎麦汁」は、主に西と東では色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。なお、蕎麦をゆでたゆで湯は蕎麦湯として飲用に供される。最も一般的な食べ方は、茹でた後にぬめりを取るために冷やしながらそばを洗い氷水等で締め、つゆにつけながら食べる盛りそばやざるそば(違いについては後述)である。また、茹でて冷やして締めたそばを暖めて丼に盛り、温かいつゆを張ったかけそばもある(語源は「つゆをぶっかける」が縮まったもの)。そばの香りや喉越しを楽しむために食べるときに音を立てることが許され、その点ではうどんや中華麺などと並んで世界的にも稀有な食品である。多くの蕎麦好きは、新蕎麦の季節ともなれば特に蕎麦の香りを重要視する。そうした蕎麦の香りを存分に味わうには、空気と一緒に啜り込み、鼻孔から抜くようにして食べるのが最良であるとされる。