若狭小浜の観光・情報・辞典「ワカルタ」とは?

地域、観光情報がリレーショナルに統合された、観光・情報・辞典「ワカルタ」。名所 旧跡 特産物 年中行事 イベント 地図 文化財 等々。

若狭国
若狭国(わかさのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つで、北陸道に位置する。現在の福井県南部に当たる。若州(じゃくしゅう)と呼ばれる事もある。延喜式での格は中国、近国。藤原宮時代の木簡には、「若佐国」と表記されている。
小浜
かつて小浜は奈良や京都などの中央との交易要路として栄えた。東大寺二月堂のお水は小浜から送られるとされており、毎年3月2日に「お水送り」の神事が行われる。180余点ある文化財のなかには当時の中央の技術に匹敵すると評される逸品が数多く含まれ、132にのぼる寺院数は人口比では国内一であり、その多くが古寺・名刹で知られる。若狭湾国定公園のほぼ中央部に面した小浜はそれ故に、海のある奈良とも呼ばれる。
HP
http: //www4.ocn.ne.jp/~wacarta/